減価償却の対象となる法定耐用年数は、太陽光発電システムは17年と定められています。 ただし、個人が自宅の屋根や庭に自家発電を主な目的として太陽光発電システムを設置して、余剰電力を電力会社に売却している場合、多くの家庭では減価償却は関係ありません。 耐用年数を決める上で、使用時間と電源投入回数が大きな目安となると思いますが、他に注意したほうがいい項目はありますか? この度、Dドライブ「2TBのHDD」が、使用時間30,000をこえて05、c5、c6にイエローの表示となり交換を決断いたしました。 耐用年数も耐用年数表を見てみたのですが、蓄電池?その他事務機器? 不明です。 どなたかご教授をお願い致します。 いつもこの掲示板で助けられています。(有難うございます) 早速ですが、 会社でシステム構築の一部として「無停電電源装置」を 減価償却が必要となる固定資産については、税法上耐用年数が定められていて、その期間内で経費処理をしていくことになります。 ではどのような基準で「消耗品費?それとも固定資産?」という判断をするのでしょうか? 判断基準は金額と耐用年数 固定資産に関する経理処理は、数ある取引の中でも特に難解です。ここでは固定資産と減価償却の概要と処理方法について整理。さらに固定資産税の計算方法もご紹介します。固定資産と減価償却の必要な対応をまとめているので業務にお役立てください。 1992年7月に取得、耐用年数5年の設備があるのですが、今月も385円の償却費が計上されています。これって、どういう計算なのでしょうか…2007年3月31日以前に取得されたものは、取得価額の95%まで償却したら、5年間で残りを償却するんです パソコンの耐用年数は何年か? パソコンの耐用年数は、サーバーとして使用するかどうかで変わってきます。 ちなみに、パソコンの公式な耐用年数は、国税庁の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令の別表」で確認できます。 【税理士監修】固定資産税の償却資産とは?対象となる資産について、耐用年数、計算方法まで。償却資産の申告の方法、税率を具体的な実例だ解説します。リースの場合、耐用年数が過ぎた場合など、償却資産の疑問を解決。