」といった権限の状態の確認方法を紹介します。ここで紹介するのは、ログインしているユーザが権限を確認する場合の方法です。 user_tab_privs ・ログインユーザが所有するオブジェクトに付与されている権限 ・ログインユーザが、付与したオブジェクト権限 この結果から、表「tbl1」は表領域「users」上に作成されたことが解ります。この理由については、次の演習で解説します。 演習5.データ・ディクショナリ・ビュー「dba_users」でtryユーザーのデフォルト表領域を確認後、表領域「tbs_big」に変更して下さい。 dba権限が無いユーザーでOracleデータベースにテーブルを作成しようとしたところ、『SQLエラー: ORA-01950: 表領域'HOGEDATA'に対する権限がありません』といったエラーが表示されてテーブルが作成できませんでした。

oracleデータベースでオブジェクト権限を確認する方法をお探しではありませんか? 本記事では、オブジェクト権限を確認するsqlを紹介しています。ぜひ参考にしてください。 Oracle SQL Developer、非常に使いやすくなっていますね。以前は、SIObjectBrowserなどを使っていたのですが、現在では、たいていのことはOracle SQL Developerでできてしまいます。 特に、SQLを発行する以外の、システムの情報を確認する場合のインターフェースが分かりやすいです。ここでは、よく使 … 表領域割当制限. oracleデータベースでユーザに付与されている権限を確認する方法をお探しではありませんか? 本記事では、dba_sys_privsからユーザに付与されている権限を確認するsqlを紹介しています。ぜひ参考にして … Oracle全ユーザーの一覧 ALL_USERSOracleで全てのユーザーを確認する場合は「ALL_USERS」を使います。ALL_USERS-- Oracleのすべてのユーザーを確認するSELECT * FROM ALL_USERSOR Oracle Databaseにおいて、表などのオブジェクトの保存先は表領域になりますが、ユーザーに対して表領域割当制限を付与しないと、表領域にオブジェクト保存用の領域を確保することは … 表領域使用率の確認方法 (92,358 view) ORA-28000:Oracleユーザのアカウントロックを解除する (76,460 view) ユーザに付与されているロール一覧の確認方法 (76,233 view) アーカイブ&ノーアーカイブログモード切替方法 (75,212 view)